大阪の車検の費用相場をまとめました

自動車を所有あるいは使用していると、必ず2年に一度車検(継続検査)を受けることが必要となります。有効期間内に継続検査を受けなければ、期限切れとなってしまい、以降公道で使用することが不可能となってしまいます。しかし、継続検査を受ける際には様々な費用がかかります。この継続検査の費用相場は大きく二種類に分かれます。ひとつは全国どこで継続検査を受けても同じ金額となる『法定費用』です。これは継続検査を受検する際に必ず必要な費用となります。もうひとつはディーラーや整備工場などの専門業者に継続検査を依頼する際に必要となる手数料です。この手数料は各地域で相場が決まっています。そのため、大阪で継続検査を受ける場合には近辺の専門業者の相場をそれぞれ比較して依頼する業者を選ぶことが重要となっていきます。

大阪で車検を受ける際の費用相場

所有している自動車を公道で使用するためには車検(継続検査)を受けることが必要となります。継続検査には2年の有効期限が設けられており、この有効期限が切れる前に継続検査を受ける必要があるのです。しかし、この継続検査を受けるには様々な費用が必要となります。その費用相場は大きく二種類に分けて考えることができます。まずひとつは継続検査を受けるために必ず必要となる『法定費用』です。この法定費用には自動車重量税、検査手数料そして自賠責保険料といったものが含まれます。これらの相場については、車種によって決まっており、全国どこで受けても同じ金額となります(大阪で継続検査を受けても他の地区と同じ金額です)。大よその相場としては、軽自動車が4万円程度。普通車の場合が5万円から10万円程度となります。

専門業者への手数料の相場もほとんど全国同じです

継続検査を受ける際に必要な費用の種類のもうひとつは『専門業者への手数料』となります。これは継続検査の一切の手続き(整備・点検なども含む)をディーラーや整備工場などの依頼した場合に必要となる費用です。この相場は地区ごとに異なる場合がありますが、近年はいくつかの車検専門業者が全国展開しており、このような業者に依頼する場合には全国どこでも同じ相場となります。ただし、個人経営の整備工場やガソリンスタンドなどに継続検査を依頼する場合には地区ごとに金額が異なる可能性がありますので確認が必要となります。大阪で継続検査をディーラーや整備工場などに依頼する際の費用相場としては、1万円から1万5千円程度。これに必要な整備・点検の工賃が加わることになります。もし少しでも継続検査の費用を抑えたい場合には、この専門業者への手数料を何か所か比較していくことが重要となってくるのです。